もし戻れるとしたら、

もし高校生の頃に戻れるとしたら、 たくさんたくさん勉強をして、 諦めずに憧れの大学に入るための努力をするのに。 と考えたのだけど、 もう私は高校生には戻れなくてそしたらふと、 数年後の30代の私は、20代の今この瞬間に戻りたいと思うのかもしれないと…

のんびりいこう

ホームページに書いてある営業時間と実際の営業時間が違って入店できず、また出向かなければならない。イラァ……… ということがあってイラァ…っとする自分にイラァ………ってなってああ、せかせかしすぎなんだ、と実感した。 別にそのお店にはその時どーーーーー…

お風呂上がりの

お風呂上がり、シートマスクを顔にぺたり。 全身にボディクリームを塗って スクワット30回、 シートマスクをはがす。髪を乾かして 顔にクリーム塗りつつマッサージ。 全部終わったあとのぺかーっとした顔は お世辞にも綺麗とはいえないけれど さっぱりしてい…

からいのとあまいの

仕事終わり、今日はカレー、絶対カレー、なんとしてもカレー、という気分になり 以前行ったことのあるカレー屋さんへ再訪。 なんだろう…もはや何が入っているのかわからない複雑な味が癖になる。そんなカレー。 食べながら、めちゃくちゃ辛いけど逆に水飲ん…

出会ったことの意味

どんな人とも、出会ったことに意味がある、と思う 振り返れば、ああ、あの人は私の人生でこういう役割を果たしてくれたんだね。と気付く。それが、私を深く傷つけた人だとしても。 大人になると、多くの人と出会うこと、は少なくなってくる。ひとつひとつの…

もうなにもしたくない。

何にもしなくてよければいいのに。 でもきっとこのあと私は夜ごはんの食器を洗って、きちんとメイクを落として、長い髪を乾かして、ストレッチをして、日記を書いて、日付が変わる前に寝るんだろう 当たり前のことを当たり前にして そうやって過ぎていく毎日…

ありがとう。

今日、1日で1年分くらいのありがとうを言ったし、言われた。 とあるイベントのお手伝いでした。 仕事とは別で、こういう風にたくさんの人と関わって、いろいろと得るものがあるっていうのはよいことだ。 こういうことを仕事にしようと思ったら、大変だって…

5年後のわたしをつくる

このひと口が、5年後の私をつくる。 そう思えば、 単なる口寂しさみたいなものから ついつい手が伸びる甘いものや、大しておいしくないし栄養も偏りがちな ジャンクフードなどをぽいぽい っと口にすることが少なくなりました。 5年後、私は 綺麗な人でいたい…

私の夢

私の夢は。 ・京都に住む ・毎日パンを焼いてふるまう ・日本茶を楽しむ ・部屋に書斎(スペース)をつくる ・毎日、好きな本を好きなだけ読む 今、ぱっと 思い浮かんだ夢、です。 叶えようと思えば叶いそうな。 大きな夢に向かって闘志を燃やす、というより …

感情に蓋をする日

他の人に対してどうしてそうなの? もっとこうすれば良いのに。 って口にしてしまいそうな日。 感情にパタンと蓋を閉めて しゅるしゅると飲み込んでいく。 言わなくていいことはたくさんある。 その分、言わなくちゃいけないことを 大切に、大切に言葉にしな…

いつか会う日に

変わったね、と言われたい。 変わらないことが悪いことではないけれど 変わっていたいと思うのはやっぱり あの頃の自分に自信がなかったから。 今だって そう自信があるわけではないけれど 少なくともあの頃よりは自分らしくいられている。 まだまだここから…

本を読み始めて

今月も、30冊近くの本を読んだ。 まだまだ、読みたい本がたくさんある。 今月はキャリアの読み放題サービスにも加入していたのだけれど、やっぱりスマホで読むっていうのは目がチカチカしてしまったりで限度がある。紙で読むのがいちばんなのだけれど、文庫…

落ちつく場所

引っ越しの話。 いくつか気になったところがあって、 そのうちの2つを見てきた。 といっても内覧ではなくて、どんな場所かなって。 1つめは、最寄り駅が便利で前からいいなと思っていたところなのだけど、実際に行ってみるとなんだかごちゃごちゃしていて落…

チャンスの神様

なんとなく、こういう方向に進みたいな〜 と考えていた分野のことが学べる研修に行かせてもらえるようになった。嬉しい。嬉しい…! きちんと伝えたわけではないのだけど、こういう機会が与えられて。これは絶好のチャンスだから、もう少し声を大にしても良い…

自分が何を求めているのか

いろんな物件を見すぎて、だんだんどこに住みたいのか、どんな部屋がいいのかわからなくなってきた。 今の家の好きなところ ・静か ・家賃が安い ・通勤時間がちょうどいい(短すぎるのも✕) ・駅から近い ・帰り道に買い物できるお店あり 好きじゃないところ …

仕事は楽しんでいい

働きたくない、仕事が嫌だ、愚痴、愚痴、愚痴。 身近な人にそういうネガティヴな言葉を発する人が多かったものだから、仕事=嫌なこと。楽しくないこと。と刷り込まれてしまったのだと思う。 だから、仕事を楽しいと言い切った人に出会って、仕事って楽しん…

嫌が嫌じゃなくなるとき

新入社員の頃、電話をとるのが苦痛だった。何回聞き直しても聞き取れない。 誰に繋げばいいのかわからなくてもたつく。 相手が部署を間違えていて話が通じない。などなど。 誰よりも早く電話をとるのが新入社員の仕事。 わかっていても、嫌で仕方がなかった…

ゆるすこと

誰かにされて嫌だったことは、 他の人にすることはもちろん、 いつまでも恨んだり、思い出して苦しんだり、そういうこと、してちゃだめだと思うよ。 許さないことで自分を守ろうとしてしまうけれど、 結局は、許すことでしか自分を守れない。 許すことが、は…

母の味

母がおかずを保冷バッグに詰めて持ってきてくれた。 その中に入っていたかぼちゃの煮物。 食べて、ああこれは母の味だ、と思った。 ︙ 私は実家を出るまで全くと言ってよいほど料理をしたことがなかったのだけれど、一人暮らしを始めて自炊するようになった…

知識で選んでいく

コンビニのチョコレート売り場で立ち尽くす女。 期間限定の抹茶味。ナッツ入り。いや、ブラウニーにするか?たぶん周りに人がいたら呆れられるくらい時間をかけて、棚を眺め回す。 結局、手に取ったのは12粒入りの、あれ。 いつも3粒ずつ、4回にわけて食べよ…

新入社員にとっての先輩とは

新入社員が配属されてしばらく経つ。 全てが初々しいなあと 微笑ましい気持ち。 私もあんな頃があったのか。 今はまだ"若手社員"と呼ばれているけれど、 そのうちそうじゃなくなるんだな。 先日は偉い人に、 新入社員からみたらあなたは神様みたいなものだよ…

他人に期待しない

この一年、誰かに何かをしてもらえないこと でどれほど悲しんだかわからない。 私は、いつだって他人に期待して過ごしていたのだなと思い知る。何も言わないけど、察してね、私を喜ばせてね。 なんて、そんなの叶うはずないよね。と思わず苦笑してしまうのは…

おやすみ。おはよう。さようなら。

朝起きて。 LINEの友達リストやアドレス帳の整理をしていた。 就活で一度一緒になっただけの人、はじめての部屋探しでお世話になった不動産屋のお姉さん。そして大好きだった人。 その人たちとの間には もう関係がなくなっていることも、この先連絡をとるこ…

大人になってもわからないこと

自分に足りないものばかり見てしまう。 私にも、自分でここが良いと思えるところもあるし、離れていても大切に思ってくれている人もいる。 なのになのに。 私にはなんにもない、 誰からも必要とされていない。 とばかり思ってしまっていた。 そう思うことで…

いつでも仕事を頼みやすい人

仕事中、忙しい時にさらに仕事を頼まれる時。 忙しい?と聞かれると少しムッとしてしまう…。 見てわかりませんか、とも言えないけどちょっと言葉が尖っているのが自分でもわかる。 逆の立場だったら。 相手が忙しいとわかっていても頼まざるを得ない状況もあ…

眠り続けた日

午前中、用事を終わらせてお昼ごはんを食べた。 ところまでは覚えているのだけれど、 気付いたら20時だった。 こんなに長く昼寝をするなんていつぶりか。 休みの日も充実させたい、という気持ちが強くていつも家にいても本を読んだり映画を観たり…何かしらし…

言葉を変えて自分を変える

言葉 に関する本をいくつか読んでいて出会った考え方がある。 言葉を変えると、自分自身が変わる。 自分がこれからどんな人間になるのか。 他人にどんな人間だと認識されるか。 どちらも、自分から発せられる言葉によって変わるもの、変えられるものだという…

小さな約束を守り続ける

どこどこの○○っていうお店がよかったよ とか ○○っていう映画がおもしろかったよ とか聞くと反射的に 行きます、とか、観ます!とか言っちゃう。 例えあまり興味がなかったとしても、言っちゃう。 よくない癖だなと思う。 でも、逆に考えると それをちゃんと…

情報を追うのに疲れて

各種SNSで情報を追うことに疲れてしまった。 いつでも好きな芸能人の最新情報、話題のお店の情報などなどを追いかけていないといけない気がしていた。 でも別に、情報を受け取り逃したからといって死ぬわけじゃない、と開き直ってみるのもよいかもしれないな…

5年手帳

5年分の日記が書ける手帳を買いました。 1年目は普通の日記帳だけど、2年目以降は前年とかその前の年の同じ日に何をしていたか見返せる…というもの。 この手帳にはその日あった事実だけを書こうと思っている。 だから、5年後の自分に恥ずかしくない毎日を過…