あたりまえの幸せ

その子にとってはあたりまえでも、私からするとそれって奇跡的に幸せなことだよね?!と思うことがあって。


逆に、他人からみると私にとってあたりまえのことでもそれってすごい幸せじゃん〜〜と思われるようなことはあるのだろうか。でもそれで私って幸せなんだな、ってやっとわかるのも、幸せの基準を他人任せにしているみたいで なんだか悲しいね。


幸せとはなんぞや。他人と比べてその存在に気付くものなのか。たぶんそうじゃない…というかそうじゃない、と思わないと なんで私は幸せになれないのだろうとぐるぐる悩み始めることになる。


幸せになりたいと思う、常々思うけれども、わざわざ求めなくても 今の自分のあたりまえの中に絶対あるものなんだと思うと少しこころづよい。




お茶屋さんで抹茶とお菓子をいただいてほっこりする休日。ひとときの幸せ。でした。

広告を非表示にする