もしもの世界線

ラ・ラ・ランドを観てきました。


走馬灯のように流れる"もしもあの時こうだったら"という映像。
観ながら、やっぱり人生って一本道で、別の世界線なんてないんだな。っていうやりきれなさのようなものを感じていました。

ただ残ったのはネガティブな感情じゃなく、ただそういうものなんだな、と再確認させられたような。



3月のライオンの映像、ちょこっと観ただけでうっかり目がうるうる。他にも気になる映画があるので、時間を見つけて映画館に足を運ぼうと思う。

広告を非表示にする