そうやっていつも受身だから人生の楽しさがわからないんだよ

今日は本当に外に出たくない………という気分だった。
でも脱毛の予約を入れていたのでしぶしぶ着替えて、試供品の甘ったるいエナジードリンクを流し込んで外へ。



いつもなら寄り道をしたりするけれど、あんまり力も出ないし雨だしでそのまま帰りの電車。


あーでもこのまま帰ったら今日何にも楽しいことなかった、むしろわりと強引めに追加施術の勧誘されて気が滅入ったな…とネガティブな感情が湧いてきたので、最寄り駅の本屋さんへ。


そういえば今度ごはんの約束をしているけれどお店を決めていないな、と、情報誌をパラパラ。2〜3気になるお店があったので店名を覚えて、後で詳しく調べるためにメモ(あまりよい客でなくすみません…)。


それだけで、たったそれだけで違った。
何か劇的に楽しいことが起こったわけではないのだけど。何か自分のテンションが上がることをしよう、と行動に移せた。それだけで今日一日をマイナスじゃなくてプラスの感情で終えることができた。


毎日つまらないな。
何か楽しいこと、ないかな。


って不満を垂れるだけではきっと。何か楽しいことが起こるなんて奇跡に等しいのでは。


本屋さんに行く、なんて全然たいしたことじゃないけど、私はそこにいくと自然と楽しい気分になることを自分で知っている。


毎日をほんの少し楽しい気分で過ごすこと。それって十分、人生の楽しみにつながっている。だからこれからもそうやって小さなことを積み重ねて楽しんでいきたい。


"楽しい"がゲシュタルト崩壊しそう。