読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バースデイはハッピーでいたいよねという話

誕生日が来るのがこわい。



去年の誕生日、飛行機に乗って好きな人に会いに行ったらドタキャンされて泣きながら帰ったり、友人たちがお祝いしてくれるとのことで楽しみにしていたら結局お店の手配等々を私がやることになったり。


なんか今思うとたったそれだけのことかあと思うのだけど、当時の私、誕生日なのにこんなみじめな思いをするなんてなんて生まれてきた価値のない人間だ…って本気で思っていました。



やっぱりいくつになっても誕生日って特別で、おめでとう、って言ってもらえると嬉しくて。だから過度に期待してしまうんです。その日だけは、特別扱いしてもらえるということを。


でも全然、そんなことなくて。期待するから何もなければ落ち込む。普段より、一層落ち込む。

傷つくのがこわい。だから今年は何も期待しないでおこう。



と思っていたら、母から誕生日のお祝いするからそっち行っていい?との連絡。今までそんなこと、なかったのに。いろいろとうまくいかなくて落ち込んでいることを知ってか知らずか。


そういえば高校生の頃、誕生日は産んで育ててくれた両親に感謝する日だ、と聞いて、面と向かって言うのは恥ずかしかったから学校に着いてからメールしたら、後で泣いたと言われたな。


今年は、ちゃんと伝えよう。
しあわせな誕生日になりますように。うん。きっとなる。