読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にしかできない仕事ではないけれど

誰にでもできるような事務の仕事を長くしていると、だんだん自分の存在価値がなくなってくるような気がしている 社会人○年目です。



そもそも 仕事にやりがいなど一切求めずに、いかにストレスなく最低限のお給料を稼げるかを念頭に置いて就職活動をした結果がこれ(薄給マッタリ人間関係良好)なので、その意味では私の就活って成功しているんだな…としみじみ思います。


でもやっぱり仕事が楽しいって言ってる人をみると羨ましいって思っちゃうんだよ。きっと大変なこともたくさんあるんだろうけど。そして私はそういう、大変なことに向き合って責任を背負って仕事をする覚悟もないんだけど。だからいつも最終的にはこのままでいいじゃんって思って終わるんだけど。けどけど。




誰にでもできる仕事。
だから私は自分の仕事に自信が持てない。
最近は特に、バリバリ働いている友人達に対する劣等感で苦しくなってしまうほど。こじらせすぎている感…。


私は今の会社でぬくぬくと生きていくための最低限の仕事を続けるんだって、結論は出ていて。なら、どうやったら自信を持てるのか考えていて。


ここには、私にしかできない仕事、はないけれど。
私だから頼みたい仕事がある、って思ってもらえるような人になることはできる。はず。


新しい仕事がどんどん降ってくるわけでもないし、クリエイティブな仕事じゃないだからかっこ悪いとすら思っていたのだけど。

今ある仕事のクオリティを上げること。それが今の私にできることで働く意味で自信を持てる唯一の方法なのかもしれない。



劣等感も変化を好まない性格もできるだけ楽をして生きていきたいと思うクズさも、一回受け入れたら楽になりました。という話でした。