知識で選んでいく

コンビニのチョコレート売り場で立ち尽くす女。


期間限定の抹茶味。ナッツ入り。いや、ブラウニーにするか?

たぶん周りに人がいたら呆れられるくらい時間をかけて、棚を眺め回す。



結局、手に取ったのは12粒入りの、あれ。
いつも3粒ずつ、4回にわけて食べよう〜と思うけど一度手を伸ばすと気付けば12個全てがなくなっている、あれ…。



なぜ最終的にこれを選んだのかというと、この商品を買うと売上の一部がチョコレートの原産国の子どもたちの支援活動につながる、ということを思い出したから。

(ちなみに今調べて気付いたのだけど 売上の寄付は期間限定で、今は期間外らしい…残念だけどこれからもキャンペーンをして欲しいなと思う気持ちの表明ということで)



何かに迷ったとき、ちょっとした知識があれば 選んだことに説得力が増すんだなと思った。


ただ、万年ダイエッターとしては、チョコレートを食べない。という選択をすべきだったとの考え方もできるけれども。どんなチョコレートを選ぶと身体によいのか、という知識をつけよう。





人は毎日たくさんの選択をしているという。

日々迷って、これが最善なのか?自分はどうしたいのか?常に問いかける。


どれが正解かなんて、わからないことのほうが多い。でも、選んだらそれを自分にとっての正解にしていかなくちゃ。

広告を非表示にする