情熱のとりもどし方

昔お世話になった人が言っていた

"何かに対する情熱を失ったら、それに出会ったときのことを思い出してください"

という言葉を、ふいに思い出す。




飽き性な私は、何かを始めたときはメラメラ燃え上がっているようだけど、すぐに落ち着いてしまう。

今まで、ながーく続けていることってなんだろう…と考え込まないと思い浮かばないや。

一年、という期間で考えると、それほど長く取り組み続けていることってない気がする。






このブログも、始めて数ヶ月経って、毎日更新していたのがだんだんと落ち着いてきているし。



でも、そもそもブログを始めたきっかけって何だったっけ。と考えたら、仕事で書いた文章が褒められて嬉しかったので、もっと伸ばしたい、"書くこと"の練習をしたい、と思ったからだった。



ここでの文章はもう、自分の気の赴くまま文法なんて気にせずに自由に書き綴っているから褒められたものではないけれど。


ああそういえばそういう理由だったなあと思うと、また少しやる気が顔を出してきています。むくむく。




書くことが上手くなると、きっと自分の思いをより人に伝えられるようになる気がするのです。

だから、読みやすいきれいな文章というよりは、私は私の気持ちをあやふやなものとせずきちんと文字にしていきたい。そういう意味での、書く技術の向上。




出会った頃のことを思い出したら、無事情熱が取り戻せたようですね。よかったねー。


これからも、書き続けたい。もっと、自分の気持ちを文字で表現していきたい。とおもいます。

改めまして、よろしくお願いします。