私を悲しませる私

楽しみにしていた予定、当日キャンセルになった。
体調不良と言われたけれど、なんだかなあっておもって、あげく私なんてどうでもいいって思われているんだなあとぐじぐじ。ひ、ひどい…こじらせ具合がひどい。


ただ信じればいいだけなのに。
体調悪いんだ、残念、また今度って、
ちゃんと心から言えばそれで済むのに。

そういう風に伝えたけどそれでももやもやするのは、私があることないこと想像して自分で自分を悲しませてるんだなってことで。



今までのつらいこととか悲しいことも全部、私がつらいとか、悲しいとか、そういうレッテルを貼ったがゆえにそういう出来事として心の隅っこにいつまでも溜められているのだと、


たぶんこれから何回もこういうことがあって、その度に私は私を傷つけるのだろうけど。

いつかきちんと、起こること全てにプラスの意味付けをできるくらいどっしり構えられるようになる。そうやって自分で自分を幸せにできる大人になろう。