劣等感のうまれるところ

誰かに対する劣等感は、
その人がすごいからというよりも
本当は自分も同じくらいのところへ行けるはずなのにっていう悔しさのようなものであって、そしてそれは自分が憧れる場所へ辿り着くための努力を怠っている証のようなものなのかもしれない



だってこの感情は教科書に載るような偉人にはわかない感情で、いつだって さっきまで一緒にいた人に対してわきおこる感情なのだ



こういう自分がいやだなーって思うならやっぱり努力をするしかないし、たぶん何かを頑張っている自分というのは普段比で少しだけ好きになれる。


今は特に。やるべきことが明確なのだから。
頑張るだけ。とても簡単なこと。