憶測で傷つくひとたち

起こってしまった悲しみの理由がわからなくて、
ももう知るすべもないとき。


それを知りたいと思ってしまうひとたちは
あることないことを勝手に考え始めて、
憶測でものを言い始める。


傷つくひとは、たくさんいる。


事実と違うことを広められてしまう人はもちろん、
事実を知ることができず、ねじ曲がった解釈をすることでしか自分を納得させられない人も。



心配しなくても、世の中ではあなたの考えている"嫌なこと"は起こっていない。それは、あなたの頭の中で起こっていること。あなたの頭の中だけで、起こっている悲しいこと。




もう知ることのできない 本当のことは、
もっと悲しいことかもしれない。



だとしても、
勝手な憶測で自分自身を悲しませるのは
やめにしたほうがいいんです。


あなたの頭の中だけでは、あなたは誰よりも幸せになれる。そのことを知っていてください。



もう誰も悲しみませんように。
わたしも、自分で自分を悲しい気持ちにさせないように、生きていくよ。