年齢確認の話

今日スーパーでお酒を買ったら、バーコードが読み取られた瞬間に他の商品とは違う音が鳴っていることに気づいた。年齢確認が必要な商品は、全部そうなのだろうか。


そういえば、私はこういうときの年齢確認をされたことがない。



老け顔だから…というわけではない。どちらかと言えば実年齢よりも若く見られる方で、大学も卒業間近、という頃にもよく高校生と間違われたものだ。



なのに年齢確認をされたことがない。

というのも、私が自分でお酒を初めて買ったのが、25歳を過ぎてからだったから。それまで、お酒は居酒屋で付き合いで飲むものでしかなかった。進んで飲みたいものでもなかった。


さすがにアラサーにもなると、この人はもう大丈夫、と判断されるのか。そんなことを考えながら、大人になったんだなーとしみじみ思う夏の夜でした。





冷蔵庫で冷やしておいた缶チューハイとささっと作ったサラダで夜ご飯もどきをすませて、買ってきたエッセイを読みながらハーゲンダッツのアイスをぺろりと完食。お風呂にも入ったし、あとは寝るだけだ。なんて幸せな瞬間。