がんばらないで生きてみるテスト

日記を読み返すと、2ヶ月前くらいから雲行きが怪しくなり、1ヶ月前には明確に疲れていて、この2週間くらいは毎晩のように泣いていた。



何か大きな出来事があったわけでなく、小さなことの積み重ねで、どんどん気が滅入ってしまって、ついにもうだめだなあと思ってしまったわけだけども



私を苦しめているのはやっぱり私自身であって、それは、完璧主義なところとか、人からよく思われたい気持ちが強いところとか、ノーと言えないところだとかそういうの。




だから、もう、頑張らなくてもいいか、とおもって
仕事も、生活も、今は頑張れる状態じゃないっていうのを認めたら、すごく楽になった。



頑張らないことはだめなことだとずっと思っていた。でもたぶん、頑張らなくても人生、どうにかなるもんなんだ。頑張って頑張って辛い気持ちを抱えて人生早く終わらせたいと願うより、頑張らないで、もう少し長く生き続けたほうがいい気がしました。



私には、線路に飛びこむ勇気も仕事を辞める思い切りの良さもないけど、がんばらないで生きてみるテストくらいはできる。


それでうまく行かなかったらまた次どうすればいいか考えたらいい。今、急いで考えなくてもいい。



明日も一日がんばらない。
って言うとなんだか気が抜けた終わり方になるけれど今の私にとってはすごく前向きな言葉だ。